2019  6月 | 山里清流米のジャパンファーム | お米通販

生水豊樹です。
みんなのおかげで、本日すべての田植えが終了致しました。

酒米の様子を紹介します
下の写真は世界一のお酒になる予定の酒米(五百万石)の現在の状況です。
sakamai2019.6.5
徐々に分げつもすすんできました。
この時期になると水を抜き、干している田んぼ(中干し)がチラホラみえます。
中干しも根の生育に必要ですが、弊社ではもう少し茎数を増やします。
田面のカミマルチも分解し、消えはじめてきましたね。
ただ、今の時点ではカミマルチのあった所は雑草がありません。
カミマルチは除草ではなく防草なので、これから雑草が生えてきますが、稲が勝つか雑草が勝つか
の勝負どころです。

美味しいお酒にな~れ!

※弊社の酒米は西出酒造さんで世界一のお酒にしていただく予定です。
2019年06月05日
小松空港 東京行
本日から社長は東京へ出張に♫
息子と一緒にお見送りに行ってきた事務担当:生水由加里です

展望デッキに出て飛行機を見るなり
『じぃちゃぁぁぁん! いってらっしゃぁぁぁい!!』
とエールを送る息子が愛おしい今日この頃です(*^_^*)

先週の日曜日には
毎年恒例の自生園特別養護老人ホームのお祭りのお手伝いで参加した社長(じぃちゃん)に
お昼に会いに行ってざるうどんを作ってもらって食べました☆☆☆

自生園 お祭り 社長

『美味しいねぇ じぃちゃんにありがとう言ってこなきゃね』
と言う息子にまた愛おしさを感じるのでした(≧▽≦)

親バカを発揮したところで...

今週のジャパンファームは晩期の田植えに入りました

田植え 晩期 コシヒカリ

長谷町は那谷から離れた場所なので簡単には行き来が出来ず
いつも以上にしっかり段取りを組んで向かいます

田んぼ1枚も大きいので
植える際に田植え機が行って帰って来るまでの稲や肥やしが足りるかを計算して補充し
足りない分の稲や肥やしの量を計算して良きタイミングで会社に取りに行く

広い田んぼの両端に分かれ田植え機の通った後の田んぼをならし
植え残しのところを植えて
田植え機に稲と肥やしを補充する時には走ってきて補充して

広い分だけ少ない人数だと他の場所よりたくさん走り回ってる感じがします

でも!
先を読み無駄のない仕事をする米職人たちの連携プレーを見るとスカッとします(≧▽≦)

そういえば!
昨年は長谷町で田植えがフィニッシュだったのですが
そのフィニッシュ動画が縦撮りした為UP出来なかったので...
昨年のフィニッシュ画像で本日はお別れです(^_^;

今年もケガなく無事に田植えが終わりますように♪

田植え終了
2019年06月04日
IMG_20190531_192110_698
こんにちわ。米職人の出島です。(^o^)/
6月に入り、良い日がつづきますね。
最近、田んぼをまわっていると、なにかしら生物たちと出会えます!
IMG_20190601_232033_013
IMG_20190529_202216_317
ここ、こまつ那谷地区は自然に満ちあふれていますよっ!!(*^_^*)
2019年06月03日
鴨の卵

こんにちは、米職人毛利川です。

さて、昨日の北本さんのブログの答えです!

紙マルチで田植えをした有機JASの田んぼの補植をしていると

鴨が畦からバサっと飛んで行きました。

その場所の畦をよく見ると巣と卵が1つ。

毎年有機JASの田んぼでは鴨の卵や鴨が元気に泳いでいるのを見かけます。

鴨が泳いでいると紙が破れないか少し心配になりますが^^;

鴨も安全な場所を分かってるんですかね(^^)

2019年06月01日
オンラインストア
ページトップへ