毎回ドキドキ、お米の等級検査 | 山里清流米のジャパンファーム | お米通販

毎回ドキドキ、お米の等級検査 カテゴリー :
米検査

こんにちわ、米職人毛利川です。

稲刈りも順調に進む中、今日は今年3回目のお米の検査でした!

主に籾摺り担当の私としてはちゃんと1等になるか毎回ドキドキ(>_<)

加賀能登検査協会の検査員の方が乾燥具合や、割れやしらた、カメムシの被害など

色々な点からじっくりと見てお米の等級を決めていきます。

そして今回も無事全量1等を頂けて一安心(^^)v

検査後のお米はすぐ保冷庫に移動し精米職人の野村さんにバトンタッチ!!

保冷庫で一定の温度、湿度で保管され、玄米色選を再度かけて精米、念入りな調整を経て出荷されます。

山里清流米の新米の出荷が少し落ち着き、まごころ米も順次出荷が始まります。

新米が届いたお客様、たくさんの手間と愛情のこもった令和2年産コシヒカリどうぞご賞味下さい(^^)
2020年09月07日
オンラインストア
ページトップへ