ブログカテゴリー  インフォメーション | 山里清流米のジャパンファーム | お米通販

夏カレー
個人的に稲刈りの様子を見てるとワクワクする事務担当:生水由加里です。

毎月第3土曜日に開催されている≪農家で女子会≫
今回のテーマは【夏カレーにモチッとトッピング】ということで、玄米餅と黒米餅を焼いて、カレーを付けて食べました。
カレーは、息子が行く那谷保育所のカレーの作り方を参考に、野菜ジュースを入れて作りました。
ハヤシライスのような酸味もあって美味しいんですよ♫
プチッモチッとした食感のお餅とトロッとカレーの相性が抜群です☆

付けて食べるのが楽しかったのか、息子はご飯より餅を「うまい!うまい!!」と言って食べてましたよぉ(●^o^●)

朝の食欲があまり無いわが息子…
晩ご飯にカレーを作った翌朝は、餅を焼いてカレーと一緒に出そうと企む母なのでした( ̄v ̄)

那谷のコシヒカリ
女子会が終わってから那谷の田んぼのコシヒカリの様子を見てきました。
先日の強い雨にも負けずに稲は立っていました!!

全国放送のテレビでも大雨のニュースが出たようで、お電話をくださるお客様もいらしてご心配をお掛け致しました。
稲たちは元気です(*^_^*)

数日後に台風も接近してくるようで… 「何とか耐えてくれ」と願うばかりでございます。
2018年08月21日
d
こんにちわ。米職人の出島です。

まだまだ暑い日が続きますが、暦では立秋も過ぎ秋の空気へと変わりつつあります。

秋といえば… 実りの秋! 収穫の秋! 新米の秋! 食欲の秋!・・・

皆様お待たせ致しました、嬉しい新米の収穫が始まりました。まずはモチっと赤飯みたいに美味しい「黒米」の刈取り。

今年は天気も良く晴れ、良い実りをむかえ順調に刈取りできます。

a

コンバインも黒米専用で丁寧に刈取り一度、天日干しします。

b

案山子もにっこり微笑んでいまーす(●^o^●)

c

これからは、色を見ながら「山里清流米こしひかり」の収穫ですよ=)^o^(


ジャパンファームオンラインショップ >>>
 
2018年08月20日
12日(日)~15(水)
お盆休みを頂き有難うございました。
お休み中にお電話をおつなぎ出来なかったり、ご来店頂いたのにお買い求め頂けなかった方には、大変ご迷惑をお掛けしました。
本日より通常通りの営業に戻りますので宜しくお願い致します。

お盆と言っても石川県では私の実家のある金沢市方面は7月、会社のある小松市では8月がお盆になります。
聞いた話によれば金沢は北陸地方有数の商業地なので物流の関係からお盆の時期を分けたと言うお話があります。

なので私は7月にお盆は終わっているので普通に休みを楽しんできました。
                                    精米担当 野村
2018年08月16日
マレーシア ツインタワー
マレーシア日本米 生水豊樹です。
6月のお話ですが、マレーシアのクアラルンプールの伊勢丹さんにて『石川フェア』が開催されました。
これまでの海外への挑戦はシンガポールをはじめ、香港、台湾に次ぐ4か国目です。
現在は香港、台湾に年間通じてお米を輸出しております。
日本国内のお客様同様に日本米にこだわりをもって探しているお客様も多いです。
また「寿司」の人気もすごく、もはや世界で知られる日本食です。
寿司にはやはり日本米でしょ!
今後も色々なことに挑戦し、壁を乗り越えて少しづつ成長していきたいと思います。
2018年08月09日
炊き立てご飯
本日、8月8日は【お米の日】でございます\(^o^)/

由来はいろいろありまして…
・《八》+《八》で漢字の《米》という字になるから
・お米を作るには88の手間が掛かるから

この2つがよく言われる理由でございます。

でも待って!
《八》《十》《八》で8月18日が米の日なのでは\(◎o◎)/!
と思われた方!

正解です☆☆☆

だったら8がつく日は全てでもいいのでは\(◎o◎)/!
と思われた方!

正解です☆☆☆
(石川県では「8がつく日は8番らーめんだ」という方が多いですが^_^;)

とらえ方はそれぞれでいいと思います(*^_^*)

ただ《8》という数字がお米にはとても関係があるということを感じていただき、
《8》を見たら【米】思い出して、美味しいご飯を食べてもらえたら嬉しいです(≧▽≦)

2018年08月08日
土俵
8月5日(日)那谷寺境内にて、毎年恒例の学童相撲大会が行われました。

那谷のちびっこたちがこの日のために練習をして、その成果を発揮する1日です。

小学生の男の子たちは、力と力のぶつかり合いで迫力があり
保育園児たちは、かわいい取組でみんなを笑顔にさせてくれます(*^_^*)

昔は8月9日に行われていました。
那谷寺の観音様の縁日は毎月18日ですが、これとは別にこの日に参拝すると1日で46,000日分の功徳を授かると信仰された「観音縁日」があります。
江戸時代には境内に多くの灯明が献灯され、大聖寺藩内より万人講といって夜通し多くの人々が訪れ賑わったといわれています。
また、その頃より相撲が始められ、今の学童相撲に引き継がれています。

そして今日、共働きの家庭も多くなり平日にお休みが取りづらくなってきたことから、第一日曜日に変更になりました。

2012年から福島の子供たちも参加して、たくさんの子供たちが力を競う大会になりました。
その様子は中日新聞ウェブサイトにも掲載されましたよ。
那谷寺のホームページにも写真が載ってますのでチェックしてみて下さい\(^o^)/

熱中症も心配されますが、このような伝統行事はいつまでも続いて欲しいなと思っています。
                                     事務担当:生水 由加里
2018年08月08日
もち米
夏まっさかり お餅のもち米も、元気いっぱい成長しています

こんにちは。ブログリレー第1週目、アンカーの米職人出島です。

普段田んぼを回り、稲との会話を楽しみながら日々勉強してます!

冬以外はトレードマークの麦わら帽子をかぶり、皆から麦わらデージーって呼ばれてます。

冬と言えば! まだまだ気が早いですが、お餅の季節!

人気のお餅はカグラモチと言う品種で、コシヒカリとは違い特別に栽培し、収穫、精米した後に自社で製造加工して販売させて頂いております。

写真はそのカグラモチの今の様子で、これからもっと黄金色に輝き、もっちり美味しいお餅やお赤飯へと産まれ変わりますよー(*^_^*)

インスタグラムしてまーす!よかったらのぞいて見てねっ(^O^)

2018年08月07日
川からポンプアップ
今年の小松市は晴れ続きで、川の水が少なく底が見える程です。

田んぼの場所によっては、川からポンプアップして水を流してます。

まだまだ水が必要な時期で、少ないとお米が割れたり白くなったりしてしまいます。
でも限られた資源なので、周りの農家さんと分け合う心も忘れずに、必要最低限の量を頂いてます。

今までの経験と知識をフル活用して、稲と会話しながら、田んぼの管理を行っている米職人たちでございます。
米職人

この笑顔☆ いったいどんな会話をしているのでしょうか(≧▽≦)

田んぼのある風景
緑だった田んぼの風景が徐々に黄金色の風景に変わってきてますよ(*^_^*)
2018年08月06日
こんにちは。

ジャパンファームのちょんまげごはんソムリエ、米食味鑑定士の北本です。

今日は今月末に収穫の迫った田んぼの様子を紹介します。

まだまだ葉色は青いですが、茎数、粒数ともに多く、今年は収量も期待できるのではないでしょうか。

新米 こしひかり

新米 こしひかり

お米の作り方は毎年同じ。田んぼのくせに合わせた水管理で大事に育ててきました。

これから刈取りまでもう少し。

このまま良い状態で収穫を迎えたいですね。

そうそう。

社員のリレー方式でブログを更新しておりますが、私個人的にインスタグラムで田んぼの様子や日常の様子などをUPしておりますのでそちらも良かったらチェックしてください。

seik では、また。

2018年08月04日
精米担当の野村です。

香港のシティースーパーに行くお米達です。

今はダンボール箱の中に入れられ低温倉庫の中で出番を待っていますが
来週出荷予定です。

僕たち(お米達)来週出発します、香港でお客さんたちが待っているから。

出番を待つお米達
2018年08月03日
オンラインストア
ページトップへ