ブログ | 山里清流米のジャパンファーム | お米通販

生水豊樹です。
早くも6月中旬になりました。
今月は有機栽培の年次調査があります。
この調査は認証機関が生産者のところにきて、適正に栽培されているかチェックをおこないます。
田んぼの状況確認や生産管理行程、使用した肥料の伝票までチェックいたします。
朝から夕方までかかります。
厳しくチェックいただくことで、安全性が保たれていると思っております。
ちなみに写真は6月14日現在の酒米(無農薬)です。
酒米
大きくなってきました。
肥料も有機肥料ですので、肥料がききはじめるのに少々時間がかかりますので、ちょっと早いですが本日、追肥をおこないました。
雑草もチラホラ出てきましたが稲が勝ってくれますように!

美味しいお酒にな~れ!

※弊社の酒米は西出酒造さんで世界一のお酒にしていただく予定です。
2019年06月14日
農家生水 風鈴
夏に向けてちょっと早いですがお店の軒下に風鈴を出しました♪


と見せかけて...
実はスズメちゃん対策の風鈴なのであります(^_^;

農家生水 風鈴

藁で巣を作ろうとしている所の近くにはCDを吊るしてみました

最近お店の玄関の軒下に藁が散らばってることが多く
『風で飛ばされてきたのかなぁ』と思いながら掃除していたんです

しかし!
昨日犯人を発見(◎o◎)!

それはスズメちゃんたちの仕業でした!!

上を見てみると屋根の隙間に藁がささっていて
そこからポロポロ落ちていたみたいです

さすがにお店の玄関前に巣を作られると困るので
巣を取り除いて対策をとらせて頂きました

その様子を近くの木から見ていたスズメちゃん

農家生水 風鈴

ごめんよ!スズメちゃんたち!!
どこか違うところに巣を作ってください(≧△≦)


そんな思いで昨日は退社し
本日出勤してきたら...

農家生水 すずめ

やられた!!

また巣を作り始めてるよぉ(>_<)

農家生水 すずめ

やっぱり巣の下には藁が落ちて散らばってるし...

農家生水 すずめ
農家生水 すずめ

すごく警戒しながら
人の気配が消えるとササッと近づいて藁を屋根の隙間に詰め込んでました

可愛そうだけど...
今朝も取り除かせて頂きましたm(__)m

お願いです!玄関前はやめて下さい!!
会社の裏なら作って頂いて結構ですからぁ(≧△≦)

そんな思いでスズメちゃんたちの動向を見守る事務担当:生水由加里でした
2019年06月13日
IMG_20190604_204008_049
こんにちわ。米職人の出島です。(^o^)/
最近、田んぼの水管理などであちこち行ったりきたりしています。
DSC_0128
ときどき田んぼの中でいろいろな生物と出会いますが、
ついこの前は、ちょっとびっくり!!
DSC_0001_BURST20190607103348341
カメ でした! しかもわりとでかいっ!\(◎o◎)/!
そんなこんなな、山里清流米の田んぼの様子です。
これからは稲の生育に大事な季節なので、また気をひきしめてがんばります(*^_^*)
2019年06月12日
KIMG0156

こんにちわ、米職人毛利川です。

長かった田植えもようやく終わり、これからは田んぼの管理に集中していきます。

そして雨の日などの合間を見つけては苗箱を洗ったり、ハウスを片づけたりしています。

最初の写真はほんの一部で洗う苗箱の枚数は数千枚!!

ひたすら洗い続けます^^;

毎年箱洗いで登場する相棒がこいつ! 

KH250です!!
KIMG0157 (1)

見た目はアレですがまだまだ現役で動きます(^_^)

少しずつ補修をしながら大事に使ってます。物を大事に!!

2019年06月11日
みなさんおはようございます。

北本です。

梅雨入りしたみたいですね。

こちら小松市も少し雨の日が続いています。

田んぼの様子を見に回っているとトンボが孵化する時期のようです。
田んぼ トンボ ジャパンファーム

田んぼ トンボ ジャパンファーム


ヤゴからトンボへ。

まだ出たてで白いですね。

この数秒後にはフラフラと飛んで行ってしまいました。

稲の様子も見てください。

わずか3本ほどしか植えていなかった苗が元気に分けつしてきました。

もうしばらくしたら田んぼの水を落として一旦田んぼを干します。

刈取りまで、色んな準備があります。

米という字は八十八に分解され、それだけの手間がかかるといいますが、言ったらキリがなくどこまででライン引きするかも悩ましいところ…

まあ、それが農業ですわ。
2019年06月10日
休憩中 カテゴリー :
休憩中会社の裏にいたらタヌキが普通に目の前を横切って行ったよ。

おい 野生動物なんだから人の気配とか察知して避けるとかしないのかいと
タヌキに声をかけたが無視された。

会社の裏は山だから普通に動物はいるんだがイノシシあたりなら速攻で人が
いたら逃げて行くんだけどなぁ~。
2019年06月08日
sakamai2019.6.5
朝起きていつも以上に顔がむくんでいてびっくりした事務・受付担当の杉本です((+_+))

今日は気圧が結構下がっているようなのでそのせいにします(゜_゜)

さてさて!

ジャパンファームでは昨日で田植えが終了したということで、米職人のみなさんお疲れ様でしたm(__)m

休む間もなくこれからは、美味しいお米に育つように田んぼを回って、

苗・稲の成長をしっかりと見守っていく作業にはいります(*^_^*)

IMG_0177

そして、毎年お客様にお送りしている新米のDMの打ち合わせもそろそろ始まります☆

色々と変更点などもあり、しっかりと話し合いをして作っていきますので、

お手元に届くのを楽しみにしていてください\(^o^)/

7月下旬ごろにはお届け出来る予定です(^v^)

DSC_1801

今年の新米のご注文も、是非ぜひお待ちしておりま~す(●^o^●)
2019年06月07日
田植え コシヒカリ 最後の1枚
昨日、本年度の田植えが終了しましたぁ(≧▽≦)

最後の田植えは粟津温泉を発見した泰澄大師の銅像がそびえ立つ田んぼでした☆

稲の積み込みをしていざ出発!

田植え コシヒカリ 最後の1枚

でぇじぃ(出島さん)は反対側にスタンバイです

田植え コシヒカリ 最後の1枚

もりさん(毛利川さん)はこちら側でスタンバイして
それぞれ田植え機が通った後の田んぼをならしていきます

田植え コシヒカリ 最後の1枚

きたもっちゃん(北本さん)は田植えの状況をチェックし
稲と肥やしのスタンバイと補充をしていきます

田植え コシヒカリ 最後の1枚

田んぼの真ん中に何かを見つけ拾いに行くきたもっちゃん
事前のチェックもしっかりと!

田植え コシヒカリ 最後の1枚

最後の外周をする時は稲と肥やしを田植え機に詰め込んで出発♪

田植え コシヒカリ 最後の1枚

植え残しがあるところを確認して手植えをして

田植え コシヒカリ 最後の1枚
田植え コシヒカリ 最後の1枚

外周での田植えチェックのため田植え機に同行するきたもっちゃん

田植え コシヒカリ 最後の1枚

そして毎回恒例の田植え機が田んぼから出る時の光景です

田植え コシヒカリ 最後の1枚
田植え コシヒカリ 最後の1枚

田植え機は後ろに稲と肥やしが乗っていて重いため
前が上がるとそのままひっくり返っちゃうんです(^_^;

泰澄大師に見守られながら
無事に本年度の田植えが終了致しました

田植え コシヒカリ 最後の1枚

4月13日から始まり約2ヶ月...

山里清流米・藤子ばぁちゃんのまごころ米・有機栽培米・黒米・もち米
そして何十年ぶりかで植えた酒米と
全て植えることが出来ました☆

ここからまた稲との会話をしながら水の調整・肥やしの散布・草刈りなど
収穫までの作業が盛りだくさんですが
米職人たちの腕の見せ所でもあると思うので
夏の暑さに負けずに頑張っていきますよ(*^_^*)

2019年06月06日
生水豊樹です。
みんなのおかげで、本日すべての田植えが終了致しました。

酒米の様子を紹介します
下の写真は世界一のお酒になる予定の酒米(五百万石)の現在の状況です。
sakamai2019.6.5
徐々に分げつもすすんできました。
この時期になると水を抜き、干している田んぼ(中干し)がチラホラみえます。
中干しも根の生育に必要ですが、弊社ではもう少し茎数を増やします。
田面のカミマルチも分解し、消えはじめてきましたね。
ただ、今の時点ではカミマルチのあった所は雑草がありません。
カミマルチは除草ではなく防草なので、これから雑草が生えてきますが、稲が勝つか雑草が勝つか
の勝負どころです。

美味しいお酒にな~れ!

※弊社の酒米は西出酒造さんで世界一のお酒にしていただく予定です。
2019年06月05日
小松空港 東京行
本日から社長は東京へ出張に♫
息子と一緒にお見送りに行ってきた事務担当:生水由加里です

展望デッキに出て飛行機を見るなり
『じぃちゃぁぁぁん! いってらっしゃぁぁぁい!!』
とエールを送る息子が愛おしい今日この頃です(*^_^*)

先週の日曜日には
毎年恒例の自生園特別養護老人ホームのお祭りのお手伝いで参加した社長(じぃちゃん)に
お昼に会いに行ってざるうどんを作ってもらって食べました☆☆☆

自生園 お祭り 社長

『美味しいねぇ じぃちゃんにありがとう言ってこなきゃね』
と言う息子にまた愛おしさを感じるのでした(≧▽≦)

親バカを発揮したところで...

今週のジャパンファームは晩期の田植えに入りました

田植え 晩期 コシヒカリ

長谷町は那谷から離れた場所なので簡単には行き来が出来ず
いつも以上にしっかり段取りを組んで向かいます

田んぼ1枚も大きいので
植える際に田植え機が行って帰って来るまでの稲や肥やしが足りるかを計算して補充し
足りない分の稲や肥やしの量を計算して良きタイミングで会社に取りに行く

広い田んぼの両端に分かれ田植え機の通った後の田んぼをならし
植え残しのところを植えて
田植え機に稲と肥やしを補充する時には走ってきて補充して

広い分だけ少ない人数だと他の場所よりたくさん走り回ってる感じがします

でも!
先を読み無駄のない仕事をする米職人たちの連携プレーを見るとスカッとします(≧▽≦)

そういえば!
昨年は長谷町で田植えがフィニッシュだったのですが
そのフィニッシュ動画が縦撮りした為UP出来なかったので...
昨年のフィニッシュ画像で本日はお別れです(^_^;

今年もケガなく無事に田植えが終わりますように♪

田植え終了
2019年06月04日
オンラインストア
ページトップへ